品質への取り組み

厳選産地

美味しいカット野菜作りに欠かせないのが、年間を通じて 安定した良質な原材料の確保です。 当社では、業界に先駆けて「契約栽培」を取り入 れ、出来る限り生産者の顔の見える野菜を原材料にしたいと考えております。
当社の契約している産地は、野菜作りに熱心な農家さんばかりです。 市場流通野菜よりも収穫から入荷までの時間が短い分、 鮮度は抜群です。栽培履歴、施肥設計等の情報も随時把握することが可能で残留農薬の心配もないきれいな野菜を仕入れています。

トレーサビリティ

トレーサビリティイメージ

FSSC22000に基づく
食品安全マネジメントシステムの運用

トレーサビリティや重要管理点管理等HACCPシステムの運用を含む、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC22000を構築、運用しカット野菜の安全性確保に努めています。

契約栽培

契約栽培イメージ

品質向上・安定供給のために

生産者と直接契約し、特定の産地から原料野菜を仕入れています。
生産者に対して品種、サイズ等の指定を行い、実際に圃場に視察に行くなど、きめ細かな原料管理を実施しています。

製造の流れ

安全と美味しさをご提供するために

弊社では⼀貫した製造⽅法でお客様へ安⼼のルートをご案内しております

01

受け⼊れ

入荷時、当社基準に照らして原料野菜の状態をチェックし、合格したものは直ちに原料冷蔵庫で低温保管します。

受け⼊れイメージ
02

下処理カット脱水(カット室)

チラー水や活性水素水でカット野菜の品質保持を行います。また、カット規格に応じた独自の下処理、カット、殺菌洗浄方法により、お客様に満足していただけるカット野菜の製造に努めます。

下処理カット脱水(カット室)イメージ
03

計量包装金属探知機(計量室)

自動計量包装機を使用し、できる限り直接人の手に触れないように品温管理を行い、品質の保持に努めます。また、全アイテムを金属探知機でテストし、金属異物を完全に除去します。

計量包装金属探知機(計量室)イメージ
04

出荷

最終段階の検品を入念に行い、良品のみがお客様のお手元に届くよう努めます。

出荷イメージ

水の品質について

水の品質イメージ

活性水素水の利用

植物、動物を問わずあらゆる生物の老化の原因となる「活性酸素」を「活性水素」で還元して無害化するために、活性水素水(特許3113653号)で野菜を洗浄しています。
これにより、酸化が原因で生じる野菜褐変等の品質劣化を抑制しています。